So-net無料ブログ作成
検索選択

平清盛 あらすじ ネタバレ ストーリー 第36話 [平清盛 あらすじ ネタバレ ストーリー]

平清盛 あらすじ ネタバレ ストーリー 第36話

NHK大河ドラマ平清盛の第36話(第36回)
あらすじ・ネタバレ・ストーリー紹介

【NHK大河ドラマ「平清盛」第36話(第36回)】
〓あらすじ・ネタバレ・ストーリー〓 「巨人の影」
 <楽天サイト提供>

清盛(松山ケンイチ)は福原に移り住み、嫡男の重盛
(窪田正孝)に家督をゆずり、京・六波羅
を任せます

後白河上皇(松田翔太)は出家し、法皇となりました

1169年、成親(吉沢悠)の知行国・尾張の役人が寺社と
衝突する事件が起きます

このことに比叡山延暦寺は怒り、成親の流罪を訴えた僧兵
たちが京に押し寄せます

後白河法皇は側近である成親を守るため、平家に僧兵たち
を退けるように命じますが、重盛は清盛から絶対に兵を
動かしてはならないと言われていまし

腰が重い重盛にいらだつ後白河は、平家に圧力をかけます

清盛と後白河の板挟みに重盛が悩む中、突然、大軍を率いた
清盛が福原から上洛

後白河法皇たちに緊張が走ります・・・( ̄▽ ̄;)
 (楽天サイト提供)

キャァー!! o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

NHK大河ドラマ、平清盛の第36話(第36回)のあらすじ
ネタバレ・ストーリー紹介如何でした?

平清盛(松山ケンイチ)の活躍が楽しみで~す!(≧▽≦)
 <楽天サイト提供>



  








共通テーマ:テレビ
平清盛 NHK大河ドラマ キャストあらすじ感想主題歌

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。