So-net無料ブログ作成

平清盛 あらすじ ネタバレ 第33話 [平清盛 あらすじ ネタバレ ストーリー]

平清盛 あらすじ ネタバレ ストーリー 第33話

NHK大河ドラマ平清盛の第33話(第33回)
あらすじ・ネタバレ・ストーリー紹介

【NHK大河ドラマ「平清盛」第33話(第33回)】
〓あらすじ・ネタバレ・ストーリー〓 「清盛、五十の宴」
 <楽天サイト提供>

1167年、太政大臣にのぼった清盛(松山ケンイチ)は
50歳になろうとしていました

六波羅で行われた一門による50のうたげに現れたのは、
熊野で育った清盛の末の弟・忠度(ムロツヨシ)や、
牛若丸を連れた常磐御前(武井咲)など、意外な面々
 (楽天サイト提供)

そのうたげに突然、摂関家の基房(細川茂樹)と兼実
(相島一之)が現れ、平家は武家で花鳥風月を解せないと
舞や歌による勝負をしかけてきます

そんな彼らを迎え撃ったのは・・・( ̄▽ ̄;)


キャァー!! o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

NHK大河ドラマ、平清盛の第33話(第33回)のあらすじ
ネタバレ・ストーリー紹介如何でした?

平清盛(松山ケンイチ)の活躍が楽しみで~す!(≧▽≦)
 <楽天サイト提供>



  






共通テーマ:テレビ
平清盛 NHK大河ドラマ キャストあらすじ感想主題歌

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。