So-net無料ブログ作成
検索選択

平清盛 あらすじ ネタバレ 第31話 [平清盛 あらすじ ネタバレ ストーリー]

平清盛 あらすじ ネタバレ ストーリー 第31話

NHK大河ドラマ平清盛の第31話(第31回)
あらすじ・ネタバレ・ストーリー紹介

【NHK大河ドラマ「平清盛」第31話(第31回)】
〓あらすじ・ネタバレ・ストーリー〓 「平伊豆の流人」
 <楽天サイト提供>

1164年、伊豆・蛭ケ小島

そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)
がいました

5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった
頼朝はここに流され、家人の藤九郎(塚本高史)と
ともに暮らしていました

一方、清盛は、後白河上皇(松田翔太)と対立する
二条天皇(冨浦智嗣)の親政のもと、朝廷での力を
のばし港湾の整備、瀬戸内海の開削などに乗り出そう
としていました

清盛は二条天皇に取り入りつつ、後白河上皇にも
蓮華王院(三十三間堂)を献上するなど、朝廷内で
うまくたちまわっていました
   <楽天サイト提供>

長男・重盛(窪田正孝)はそんな父のやりかたに納得
がいかず、二条天皇に後白河上皇との和解を進めるが、
かえって仲をこじらせてしまい、清盛の怒りを買います

そんな中、突然の病の床についた二条天皇は、後白河帝
の院政を阻止するため、わが子、順仁(六条帝)に譲位
し清盛に後見をゆだねて崩御します

わずか2歳の六条天皇の誕生は、朝廷内のパワーバランス
を大きく変えていくことになるのでした・・・

キャァー!! o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

NHK大河ドラマ、平清盛の第31話(第31回)のあらすじ
ネタバレ・ストーリー紹介如何でした?

平清盛(松山ケンイチ)の活躍が楽しみで~す!(≧▽≦)
 <楽天サイト提供>



  






共通テーマ:テレビ
平清盛 NHK大河ドラマ キャストあらすじ感想主題歌

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。